HOME患者さま向け情報小倉第一病院におけるプライバシーポリシー
■医療法人真鶴会小倉第一病院 ソーシャルメディアポリシー
 当院ではすべての職員及び関係者にソーシャルメディア運用の心構えを周知し、コンプライアンスを実現するためにソーシャルメディアを利用する際のソーシャルメディアポリシーを策定しました。
■ソーシャルメディアの定義
 ソーシャルメディアとは、blog、Twitter、mixi、Facebook等に代表される、インターネットを利用した、主に個人による情報発信と、不特定多数による閲覧及びコミュニケーションが可能な媒体を指します。
 ■対象
 医療法人真鶴会小倉第一病院(以下当院)職員(職員、派遣、講師やそれに準ずる者を含む。以下同様)及び関係者(当院の公式ソーシャルメディアアカウントの運用に携わる取引先従業員やそれに準ずる者。以下同様)に適用されます。
  ■ソーシャルメディア利用に関する基本原則
 (1)当院に勤務する職員という立場で、ソーシャルメディア上で発言をする場合、職員であることの自覚と責任を持つこと。
(2)業務上知り得た個人情報や機密情報を開示・漏洩しないこと。
(3)基本的人権、肖像権、プライバシー権、著作権等の各種法令や当院規定等を遵守すること。
(4)情報発言には、自己だけでなく当院、第三者にとっても多大な影響を与えることを理解すること。
(5)発信する情報は正確に記述するとともに、その内容について誤解を生じないよう留意すること。
(6)インターネット上において、匿名性は必ずしも確保されないこと、不特定多数の利用者がアクセス可能であることを理解すること。
(7)一度インターネット上に公開された情報は、完全には削除できないことを理解すること。
(8)意図する・しないに関わらず、自らが発信した情報により他者を傷つけたり、誤解を生じさせた場合には、誠実に対応するとともに、正しく理解されるよう努めること。
(9)自らが発信した情報に関し攻撃的な反応があった場合には、冷静に対応し無用な議論となることは避けること。
(10)次に掲げる情報は発信しないこと。
  @不敬な言い方を含む情報
  A人種、思想、信条等の差別、又は差別を助長させる情報
  B違法行為又は違法行為を煽る情報
  C単なる噂や噂を助長させる情報
  Dわいせつな内容を含むホームページへのリンク
  Eその他公序良俗に反する一切の情報
 ■医療法人真鶴会小倉第一病院または部署を代表する立場でソーシャルメディア利用する場合のガイドライン
 ・広報担当へ申し出を行い、公認アカウントから情報発信を行うこと。
・病院長の許可なしに当院の公認アカウントを取得してはならない。
・ソーシャルメディアを利用し情報発信する場合は、常に当院に所属する部署として発言していることを意識すること。
・当院の名を冠するページでの掲載内容については、たとえ個人が特定されない状態でも、プライバシーを侵すリスクがある情報は必ず本人の許可を得て掲載すること。
・医療や業務に関する内容を発言する場合は、病院の公式見解ととらえられないように配慮すること。
・インターネットの恒久性を理解し、迷ったときは発言しないこと。
 ■ソーシャルメディアユーザーの皆さまへのご案内とお願い
・ソーシャルメディアにおける当院(職員並びに当院の業務に関係する者)からの情報発信のすべてが、当院の公式発表・見解を必ずしも表しているものではありません。あらかじめご了承ください。正式な発表に関しては、当院のWebサイト、Facebookページ(以下アカウントURL参照)、院内掲示物などを通じて皆様に情報発信しております。
・当院のアカウントに対して、以下の行為はご遠慮下さい。ユーザーの行為が以下のいずれかに該当する場合には、コメント等を削除させていただく場合があります。
(1)法令や公序良俗に反するもの
(2)本人の承諾なく個人情報を規定、開示、漏洩するもの
(3)当院又は第三者の名誉、信用を傷つけたり、誹謗中傷するもの
(4)当院又は第三者の著作権、肖像権、知的財産権を侵害するもの
(5)その他、当院が合理的理由により不適切と判断するもの
 ■医療法人真鶴会小倉第一病院公式ホームページ、SNSアカウントURL一覧
 ◎医療法人真鶴会小倉第一病院公式ホームページ http://www.kdh.gr.jp
 ◎医療法人真鶴会小倉第一病院公式Facebookページ https://www.facebook.com/kdhhp
 ◎医療法人真鶴会小倉第一病院公式採用サイト http://www.kdh.gr.jp/koyou/
 ・本ソーシャルメディアポリシーは予告なく変更される場合があります。
 平成27年9月1日
医療法人真鶴会 小倉第一病院