ワーク

パソコンやiPadを利用した新人教育

当院では社会人や医療人としての基礎を学ぶ新人研修以外にも「IT教育」に力を入れています。新入職員は3ヶ月間にわたり合計80時間のIT研修を受講することができ、「Word」「Excel」「PowerPoint」の基本ソフトや「ITを医療現場で活用するノウハウ」を学ぶことが可能です!
さらに教育教材として新人職員全員がタブレット端末(iPad)で学ぶことができます。院内で共有化している業務マニュアルや医療機器の操作手順にアクセスして好きな時間にeラーニング(パソコンやタブレット端末で学習するシステム)を利用することができます。


積極的な勉強会・学会への参加

当院では職員一人ひとりの成長を願い、院内・院外研修への積極的な参加を推奨しています。特に学会への参加では若手のうちから研究課題を発表するチャンスがあり、4年目以降のほとんどの職員は学会での発表を経験しています。学会準備は大変というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、当院の職員は新人のうちにIT研修をしっかり受けているため、データのまとめもスライドの準備もスムーズに行うチカラを持っています。
さらに学会発表を頑張った後には、観光やおいしい食事など理事長先生より研修旅行のご褒美がいただけます。


さらに上を目指してスキルアップ

当院は透析治療に特化した専門病院のため、腎臓病・糖尿病やそれに伴う患者さんのケアに詳しくなれるという強みがあります。そのうえ学会に積極的に参加する風土がある当院では、さらにプロフェッショナルな知識を身につけたいと資格取得へ挑戦する職員も多くいます。仕事をしながら勉強時間を確保するのは決して楽なことではありませんが、他の職員のバックアップを受けながら、毎年何人もの職員がスキルアップにチャレンジしています。

講師紹介ページはこちら!

スペシャリストによる講義

当院ではスペシャリストによる講義・講習が定期的に行われています。
当院の名物講師を紹介します。

ページトップへ