ごあいさつ

理念
透析患者の完全社会復帰という設立理念を基本精神とし、真に患者中心の問題解決を果たしていく透析医療を追求します。

このページをご覧の皆さん、こんにちは。小倉第一病院院長の中村秀敏です。たくさんの病院がある中からこのページにたどり着いて下さったご縁に感謝します。かわいらしいデザインのこのページに少しでも興味が湧きましたら、私の挨拶にお付き合いいただければ幸いです。
小倉第一病院は1972年に開業した透析と糖尿病の専門病院です。創立当初、現在と違って血液透析には8時間もの長い治療時間が必要だったので、末期の腎不全に陥った患者さんは仕事を辞めざるを得ない可能性が高かったのです。そこで、当院の創立者である現名誉理事長の中村定敏が「透析患者さんが完全に社会復帰できるように真夜中まで透析治療をしてあげよう!!」と深夜の治療が可能な透析クリニック(当時:北九州クリニック)を開設しました。そのおかげで多くの患者さんが職を失わずに済んだのですが、そのことが今の病院の理念の基となっています。

今でこそ、多くの病院が「患者中心の医療」を理念や方針のひとつとして掲げていますが、その当時は、患者さん個人の都合よりも医療側の都合が優先されることが多かったので、病院の設立理念から患者さんを中心に据えた考え方であったのは珍しいと思います。時を経た今もフットケアやリハビリテーションの充実、介護スキルの向上など、患者さんを中心とした医療を追求するためにさまざまな取り組みを行っています。
また中村定敏名誉理事長は、職員の有給休暇の完全消化、クールビズでのかりゆし着用、朝6時からの透析治療開始など、医療の常識の枠にとらわれない自由な発想を病院運営に活かして来ました。それが、今の病院の自由で明るい雰囲気につながっていると思います。現在の院長である私も、患者さんのために、そして職員のためになることを日夜考え、ワクワクするような病院づくりを目指しています。どんな理由でワクワクするのか、具体的にはこの後に続くいろんなページをご覧になればおわかりいただけると思います。
小倉第一病院は、医療の、そして特に透析医療の問題解決に対して、果敢に取り組んでいける勇気と熱意に満ちた人財を求めています。また、明るくて一緒に働いてお互いがワクワク感じられるような楽しい人を探しています。もし、このページを読んで私たちの病院に興味が沸きましたら、小倉第一病院へ一度ご見学にお越しください。お待ちしております。

「いつでも家族のように暖かく」を実践する看護部 副院長 兼 看護部長 菖蒲 明子

小倉第一病院は腎臓病と糖尿病の専門病院です。血液透析患者さんは現在約320名います。何年、何十年もの間、週に3回、1回4~5時間の透析治療を受けるために来院される患者さんにとって、病院スタッフはとても大きな存在です。病院の自動ドアが開き、中に入った瞬間からみんなの笑顔に出会えホッとする、そんな病院を職員全員で目指しています。 
患者さんとのかかわりが深く、そして長く続くため、私たち看護部は「いつでも家族のように温かく」という理念を掲げました。これは、多くのスタッフの「自分の身内を入院させたいと思える病院にしたい!」という思いを受け、皆で決定したものです。患者さんのみならず、そのご家族の方達にも明るく元気に接し、信頼し合える関係を築くことが、最良の医療・看護の提供の第1歩です。

透析医療は日進月歩で、どんどん進歩し続けています。「より良い看護をするために」私達は日々研鑽し、知識と技術の向上に努めなければなりません。入職時の新人教育制度では、1週間の座学を経てそれぞれの現場に配属されていきますが、その後も定期的に、「院内感染対策」「フットケア」「コーチング」「古武術介護」等盛りだくさんの院内研修に加え、80時間に及ぶIT教育では、iPadを活用したコンテンツ作り等、最新の技術も学べます。
また、病棟におけるエキスパートナース制では、自分が興味のあるもの、やってみたいテーマを選択し、自身のキャリアアップに繋げています。さらには、2名の「透析療法指導看護師」資格を有する者がおり、若手スタッフも後に続け!と、資格取得を目指し積極的に学会や研究会に参加しています。
 ワーク・ライフ・バランスも充実しており、働きやすい環境、子育て支援、ユニークな福利厚生、多彩なイベントに、スタッフ一同楽しく生き生きと働いています。  人生において「仕事」の占める割合はとても大きく重要です。仕事が楽しくなくては良い看護は提供できません。私達と一緒に元気に楽しく、患者さんにとって、いつでも家族のように温かい看護を実践しましょう!

ページトップへ