HOME医療関係者の方
■学会発表頑張ってます
 『はじめに』                      小倉第一病院   理事長 中村 秀敏

 わが国の医療界も長い年月に亘り、どっぷりと「護送船団方式」に浸ってきました。国民医療費の危機が叫ばれるようになってから、急遽いろいろな政策が次々と打ち出され、医業収入は急落の一途を辿っており、多くの混乱を招いております。ここで舵取りを誤れば再起不能になることは必定であり、時代を先取りしつつ、確固たる基盤を確立しなければなりません。そのために当院は全職員一丸となり、各分野で先進的な取り組みをしております。それらは以下にお示ししますように、学会発表、執筆、掲載記事ですでに世に出ております。何かのご参考になれば幸甚です。
過去の学会発表、講演一覧へ

2013年~ 学会・講演一覧 学会・講演も頑張ってます
部・科名 氏 名  学会・研究会・講演 演 題 名 開催地
             
2017 10 看護部 長江美咲紀 第20回日本腎不全看護学会 痒みケアにおける当院のDLNの活動~透析掻痒症治療フローシートの活用~ 盛 岡
2017 10 看護部 菖蒲 明子 第20回日本腎不全看護学会 シナカルセト塩酸塩服用状況の実態調査から見えてきたもの 盛 岡
2017 10 介護科 後藤 優佳 第25回日本慢性期医療学会 古武術介護にiPadを導入して 仙 台
2017 10 介護科 丸山野仁美 第25回日本慢性期医療学会 介護福祉士の新人指導にプリセプター制度を取り入れて 仙 台
2017 09 医 師 中村 秀敏 第59回全日本病院学会 病院公式facebook ページによる広報活動の取り組みと配信情報の解析 金 沢
2017 09 看護部 友清真由美 第59回全日本病院学会 「院外研修スタンプラリー」の取り組みと効果 金 沢
2017 09 栄養科 中村 美穂 第59回全日本病院学会 多職種参加の糖尿病教室の取り組みについて 金 沢
2017 09 医療情報
管理部
松井真理子 第14回病院広報実務者会議in堺 小倉第一病院おけるイラストレーションの実際 大 阪
2017 07 医療情報
管理部
金崎 麻紀 第39回日本POS医療学会大会 多職種連携による透析患者の臨床指標改善の取り組み 東 京
2017 07 看護部 石川 俊幸 第39回日本POS医療学会大会 北九州POS研究会の経緯(第4報) 東 京
2017 07 栄養科 本田友里恵 第5回日本腎栄養代謝研究会学術集会・総会 イブニングセミナー:多職種連携・地域連携を通じた透析患者の栄養管理の取り組み 東 京
2017 07 栄養科 吉永雅士美 第5回日本腎栄養代謝研究会学術集会・総会 維持血液透析患者に対する起立着席運動とBCAA含有ゼリー飲料摂取の効果 東 京
2017 06 医 師 中村 秀敏 第62回日本透析医学会 シンポジウム:多職種医療連携を活かした透析専門病院としての取り組み~医師の立場から~ 横 浜
2017 06 医 師 野坂 秀行 第62回日本透析医学会 Excelを利用したレセプト情報二次利用としての原価計算 横 浜
2017 06 栄養科 本田友里恵 第62回日本透析医学会 外来維持血液透析患者における塩分摂取量と「塩分チェックシート」との関連性 横 浜
2017 06 看護部 井上 美香 第62回日本透析医学会 職員全体の感染管理の意識改革を目指す~全国で人気の外部講師を招聘して~ 横 浜
2017 06 臨床工学部 吉本美紀子 第62回日本透析医学会 透析患者におけるCPAP治療の問題点~CPAP治療中断者における要因分析~ 横 浜
2017 06 臨床工学部 山口 未樹 第62回日本透析医学会 透析患者のSAS有病率に及ぼす塩分摂取の影響について 横 浜
2017 03 看護部 伊豆味智恵 第15回日本フットケア学会 フットケアシート改訂による足病変発見向上を目指して 岡 山
2017 03 看護部 定森 智恵 第15回日本フットケア学会 全看護師への1日フットケア体験の効果 岡 山
2017 03 看護部 中村 陽子 第15回日本フットケア学会 フットケアチームからフットケア委員会になっての取り組みと今後の課題 岡 山
2017 03 医 師 石井 義輝 第15回日本フットケア学会 シンポジウム:疼痛に対する薬物療法 岡 山
2017 02 看護部 藤崎 和美 第32回日本環境感染学会 e ラーニングを活用した感染管理研修会の低受講率対策 神 戸
2017 02 看護部 松本 武士 第32回日本環境感染学会 手指衛生の遵守率が低いスタッフの傾向と、その対象に向けた遵守率向上の取り組みについて 神 戸
2017 02 リハビリ科 土井 佑介 第7回透析運動療法研究会 "99歳でも出来る!起立着席運動で目指す独居自宅退院!~歩行困難な状態から伝い歩きで在宅復帰した1症例~" 福 岡
2016 12 看護部 井上 美香 第49回九州人工透析研究会 院内感染対策研修に全国で人気の外部講師を招聘して 熊 本
2016 12 看護部 石井 聖子 第49回九州人工透析研究会 速乾式アルコール製剤の遵守率向上への取り組み~単語カードを使用して~ 熊 本
2016 12 臨床工学部 植田 和枝 第49回九州人工透析研究会 透析中の強い肩の痛みへの対応 熊 本
2016 12 臨床工学部 岩丸 智幸  第49回九州人工透析研究会 無ヘパリン下血液透析での度重なる凝固を経験して 熊 本
2016 10 事務部 椛山 洋二 第24回日本慢性期医療学会 職員のモチベーションアップにつながった資格取得支援・資格手当制度 金 沢
2016 10 看護部 友清真由美 第24回日本慢性期医療学会 新管理職研修の一環として実施した院外研修参加率向上の取り組み 金 沢
2016 10 看護部 西俣美奈子 第24回日本慢性期医療学会 新管理職研修でスキル・意識・モチベーション向上 金 沢
2016 10 臨床工学部 植田 和枝 第24回日本慢性期医療学会 女性臨床工学技士が働きやすい職場を目指した取り組み 金 沢
2016 10 看護部 中村 陽子 第24回日本慢性期医療学会 弱小なフットケアチームが、病院経営に係わる委員会に発展するまで 金 沢
2016 10 リハビリ科 木村 明博 第24回日本慢性期医療学会 慢性期療養透析患者のADLを効率的に上げる方法の提案~集団による起立-着席運動の有用性について~ 金 沢
2016 10 介護科 西 千晶 第24回日本慢性期医療学会 古武術介護を介助技術に導入することで腰痛による離職を低減できる 金 沢
2016 10 医療情報
管理部
松井真理子 第58回全日本病院学会 病院広報におけるイラスト活用 熊 本
2016 10 看護部 花田 佳子 第58回全日本病院学会 新人看護師の現場へのリアリティーショック軽減に向けた病棟集合教育の取り組み 熊 本
2016 10 看護部 菖蒲 明子 第58回全日本病院学会 ICT 教育にiPad を導入した成果と課題 熊 本
2016 09 医 師 石井 義輝 北九州透析合併症カンファレンス 透析室スタッフが『フットケア最前線』に出ていく前に 北九州
2016 09 看護部 安藤千奈美 第22回日本腹膜透析医学会 腹膜透析における継続教育システムの構築 札 幌
2016 09 看護部 武富 亜衣 第22回日本腹膜透析医学会 腹膜平衡試験(PET)におけるパスの構築 札 幌
2016 09 看護部 中村 陽子 第4回福岡県CKD看護研究会 みんなで考えよう!慢性腎臓病看護 福 岡
2016 09 医師 中村 秀敏 第13回病院広報実務者会議in西条 広報事例発表」小倉第一病院の広報について 広 島
2016 08 医師 石井 義輝 第14回北九州実践フットケア研究会
北九州の足連携モデルを考える 北九州
2016 07 医師 石井 義輝 第59回北九州糖尿病治療研究会
拝啓 フットケア最前線の皆さま ~足を守るためにお願いしたいこと~ 北九州
2016 06 診療情報
管理室
金崎 麻紀 第38回日本POS医療学会 北九州POS研究会参加病院の問題リストの現状について 湘 南
2016 06 医師 中村 秀敏 第55回筑豊透析懇話会 当院にフットケアを導入して何が起こったか 飯 塚
2016 06 医師 石井 義輝 第55回筑豊透析懇話会 フットケア最前線、に出て行く前に 飯 塚
2016 06 看護部 藤崎 和美 第61回日本透析医学会 eラーニングを活用した感染管理研修の低受講率対策 大 阪
2016 06 臨床工学部 山口 未樹 第61回日本透析医学会 透析患者の睡眠時無呼吸症侯群に対する取り組み 大 阪
2016 06 検査科 新田亜寿美 第61回日本透析医学会 透析患者の下肢虚血診断におけるABITBIの同時測定の有用性について 大 阪
2016 06 医 師 野坂 秀行 第61回日本透析医学会 CSAを合併しDES留置後再狭窄により心肺停止をきたした透析患者の1例~カルニチン欠乏に関する考察を含めて~ 大 阪
2016 05 栄養科 本田友里恵 奄美透析セミナー 奄 美
2016 04 診療情報
管理室
金崎 麻紀 北九州POS研究会 初心者のPOS 北九州
2016 04 医 師 石井 義輝 第18回日本医療マネジメント学会 透析専門施設におけるマイナー外科系医師の役割 福 岡
2016 04 事務部 金村 圭紀 第18回日本医療マネジメント学会 長期入院継続中透析患者の独居退院支援 福 岡
2016 04 医療情報
管理部
加藤 沙織 第18回日本医療マネジメント学会 モバイルラーニングを用いた受講率向上策 福 岡
2016 03 リハビリ科 木村 明博 第6回日本腎臓リハビリテーション学会 透析患者の下肢筋力強化がADLに好影響を与える 岡 山
2016 03 医 師 中村 秀敏 宮崎県医療勤務環境改善セミナー 大病院に負けない!?中小病院だからこそ出来る人材獲得・育成・定着術 宮 崎
2016 03 医 師 中村 秀敏 第7回南大阪フットケア研究会 特別講演 スタッフも患者さんもやる気になる!?’やる気スイッチ’ 大 阪
2016 02 リハビリ科 木村 明博 第6回透析運動療法研究会 慢性腎不全に狭心症を合併した症例に対する起立着席運動の効果
~設備の少ない透析施設で出来ることがある~
岐 阜
2016 02 医 師 中村 秀敏 第43回長崎人工透析研究会 長 崎
2016 02 栄養科 本田友里恵 第43回長崎人工透析研究会 患者さんのハートをわしづかみ!栄養指導のマル秘テクニック 長 崎
2016 02 看護部 花田有紀子 第14回日本フットケア学会 フットケアの新人研修にワールドカフェ方式を用いて 神 戸
2015 11 看護部 浅田 祐樹 第18回日本腎不全看護学会 採用の質向上プロジェクトの取り組みの有効性について 名古屋
2015 11 看護部 伊串 治代 第18回日本腎不全看護学会 透析中の注射投与ベストプラクティス~継続して行える手技を目指して~ 名古屋
2015 09 看護部 菖蒲 明子 第7回透析医療マネジメント研究会 施設発表 岡 山
2015 09 事務部 金村 圭紀 第57回全日本病院学会 3年間入院継続中患者の独居退院支援について 札 幌
2015 09 看護部 大坪 文代 第57回全日本病院学会 転院患者への訪問システムを導入して
〜転院患者の不安を軽減・転院先との連携を図るために〜
札 幌
2015 09 医療情報
管理部
加藤 沙織 第57回全日本病院学会 モバイルラーニングなら研修受講率100%もラクラク! 札 幌
2015 09 看護部 西俣美奈子 第57回全日本病院学会 病棟1年目看護師がプリセプターになるまでのアソシエイトナースの取り組み 札 幌
2015 09 看護部 桑原由紀恵 第57回全日本病院学会 1人の外部講師により一貫性を持たせることができた院内教育システムの報告 札 幌
2015 07 栄養科 山本 心 第3回日本糖尿病協会療養指導学術集会 地域洋菓子店との低糖質菓子協同開発と糖尿病患者の臨床研究、栄養指導への介入について 京 都
2015 07 栄養科 吉永雅士美 第3回日本腎不全栄養研究会
学術集会・総会
特別メニュー食の取り組みと患者満足度 横 浜
2015 07 栄養科 山本 心 第3回日本腎不全栄養研究会
学術集会・総会
当院のリン管理への多職種間での連携による取り組みと報告 横 浜
2015 06 臨床工学部 竹尾 麻希 第60回日本透析医学会 隔離透析室の効果と臨床工学技士の役割拡大 横 浜
2015 04 看護部 伊串 治代  感染管理ベストプラクティス研究会第10回セミナー 透析中の注射投与ベストプラクティス~継続して行える手技を目指して~ 大 阪
2015 04 診療情報
管理室
金崎 麻紀 北九州POS研究会 初心者のPOS 北九州
2015 01 看護部 宇戸田 歩 北九州POS研究会 POSを活用した当院の血液透析支援システムはクリニカルインディケーターを改善する 北九州
2014 11 看護部 井上 美香 第47回九州人工透析研究会 透析隔離基準と対策方法の統一について 大 分
2014 11 栄養科 吉永雅士美 第47回九州人工透析研究会 乳たんぱく質調整粉末による低栄養改善効果 大 分
2014 11 看護部 菖蒲 明子 第17回日本腎不全看護学会 各種委員会・専門業務を活性化する取り組み 千 葉
2014 11 看護部 桑原由紀恵 第17回日本腎不全看護学会 当院の高齢者における現状調査と今後を考える 千 葉
2014 10 栄養科 山本 心 第9回九州臨床工学会 ワークショップ1 血液浄化
血液透析患者の食事管理
福 岡
2014 09 事務部 椛山 洋二 第56回全日本病院学会 資格取得支援・資格手当制度で職員のモチベーションアップ 福 岡
2014 09 事務部 檜垣 佳菜 第56回全日本病院学会 当院の夏季制服かりゆしについて 福 岡
2014 09 事務部 金村 圭紀 北九州透析安全対策研究会 3年間入院継続中患者の退院支援について 北九州
2014 07 医療情報
管理部
松井真理子、
中村 秀敏
第2回医療福祉デザイン学科講演会「命に向き合うデザイン・心に寄り添うデザイン」 講演2「病院におけるイラストレーションの実際」 岡 山
2014 06 医 師 中村 秀敏 第36回日本POS医療学会 院内情報共有システム(グループウェア)を活用したコンプライアンス管理の取り組み 静 岡
2014 06 看護部 宇戸田 歩 第36回日本POS医療学会 POSを活用した当院の血液透析支援システムはクリニカルインディケーターを改善する【貧血編】 静 岡
2014 06 看護部 原田 亜紀 第36回日本POS医療学会 POSを活用した当院の血液透析支援システムはクリニカルインディケーターを改善する【ミネラル代謝編】 静 岡
2014 06 看護部 原田 亜紀 第36回日本POS医療学会 ワークショップ:的確、簡潔、時間内に看護記録を終えるために 静 岡
2014 06 栄養科 本田友里恵 第59回日本透析医学会 InBody測定による当院維持血液透析患者の筋肉量の検討 神 戸
2014 06 臨床工学部 徳永 莉乃 第59回日本透析医学会 感染管理ベストプラクティスに取り組んで 神 戸
2014 06 看護部 菖蒲 明子 福岡県看護協会就労環境改善研修 福 岡
2014 06 栄養科 仲谷加奈子 第23回北九州透析感染対策研究会 当院における低栄養への試み 北九州
2014 04 診療情報
管理室
金崎 麻紀 佐賀県診療情報管理懇話会 ワークショップ:紹介をする側、される側で困っていること 北九州
2014 04 診療情報
管理室
金崎 麻紀 北九州POS研究会 初心者のPOS 北九州
2014 04 看護部 友清真由美 感染管理ベストプラクティス研究会第9回セミナー ベストプラクティスを用いた閉鎖式カテーテル導入教育について 大 阪
2014 04 臨床工学部 徳永 莉乃 感染管理ベストプラクティス研究会第9回セミナー 当院での感染管理ベストプラクティスの取り組み 大 阪
2014 01 看護部 河原 康恵 北九州POS研究会 問題リストチームの取り組み~医療への効率化と省力化~ 北九州
2014 01 栄養科 吉永雅士美 北九州POS研究会 新人栄養管理士と効率的な栄養指導 北九州
2013 11 栄養科 山本 心 第51回日本糖尿病学会九州地方会 低糖質菓子が糖代謝指標に与える影響と糖尿病患者に対する血糖管理改善の有用性の検討 沖 縄
2013 08 栄養科 山本 心 北九州糖尿病研究会 低糖質菓子の開発と糖尿病患者の糖代謝への影響 北九州
2013 07 看護部 菖蒲 明子 関門透析ケアセミナー 安全管理からみた院内感染管理 下 関
2013 06 臨床工学部 中村 愛 第35回日本POS医療学会 当院臨床工学技士による医療POSを用いた透析効率改善への取り組み 北九州
2013 06 栄養科 吉永雅士美 第35回日本POS医療学会 新人栄養管理士と効率的な栄養指導 北九州
2013 06 看護部 河原 康恵 第35回日本POS医療学会 問題リストチームの取り組み~医療への効率化と省力化~ 北九州
2013 06 看護部 井手 康子 第35回日本POS医療学会 外来診療記録におけるPOSの取り組み
~専門医別にフォーマット化した効率的なカルテ結果~
北九州
2013 06 放射線科 山下 敬史 第35回日本POS医療学会 エコー検査でのSOAPシートの効率化 北九州
2013 06 看護部 石川 俊幸 第35回日本POS医療学会 北九州POS研究会の経緯(第3報) 北九州
2013 06 事務部 金崎 麻紀 第35回日本POS医療学会 ワークショップ:コ・メディカルのPOSを極めるために―基礎データの必要性とPOMRの作成演習― 北九州
2013 06 看護部 原田 亜紀 第35回日本POS医療学会 ワークショップ:時間内に終わらせる記録のコツ 北九州
2013 06 看護部 菖蒲 明子 第35回日本POS医療学会 シンポジウム:小倉第一病院のワークライフバランスの取組み 北九州
2013 06 医 師 中村 秀敏 第35回日本POS医療学会 教育講演:電子カルテよりも使いやすい(?)独自の支援システムによるPOSへの取り組み 北九州
2013 06 臨床工学部 古賀 喜子 第58回日本透析医学会 GC-110N導入前後でのヒューマンエラーの比較検討 福 岡
2013 04 事務部 金崎 麻紀 北九州POS研究会 初心者のPOS 北九州
2013 01 看護部 石川 俊幸 北九州POS研究会 北九州POS研究会の経緯(その2) 北九州
2013 01 看護部 河原 康恵 北九州POS研究会 簡易型医療POSと新人教育 北九州